自毛植毛の方法について

男性は前頭部や頭頂部の髪の毛が薄毛になりやすいと言われていますが、これは男性ホルモンの影響とされています。


男性ホルモンであるテストステロンは、毛根付近の皮脂腺から分泌される酵素と結びつくことにより、別の物質に変化してしまいます。そして、この物質が毛乳頭細胞の中にある受容体と結合することにより、抜け毛や薄毛が促進されてしまうということです。

しかし、後頭部や側頭部の髪の毛には受容体がないため、もともと薄毛になりにくいと言われています。

そこで自毛植毛では後頭部や側頭部の髪の毛を頭皮ごと採取し、薄毛の部分に移植していくことになります。

植毛情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

移植された髪の毛が定着すれば、ずっと生え続けることになりますし、メンテナンスの必要はありません。

自毛植毛にはいろいろな方法がありますが、大きく二つの方法が主流となっています。

BIGLOBEニュースに関して悩んだら、是非お試し下さい。

髪の毛は1~4本程度の束になって生えており、これを毛包単位と呼んでいます。
FUT法ではメスで切り取った後頭部などの頭皮を毛包単位に分け、薄毛が気になる部分に植えていくことになります。

かつては毛髪単位で株分けをしていたのですが、毛包単位で株分けすることにより、移植した髪の毛の定着率がアップしたということです。



FUE法はメスを使わない植毛方法となっており、直径1mm以下のパンチを使って毛包単位ごとに頭皮をくり抜いて移植することになります。

そのため頭皮に大きな傷がつきませんし、株分けの必要もないので直接植え込むことができます。